2007年10月25日

東京は!

200710250949000.jpg200710250950000.jpg地方出身者の僕から見たら何度見ても違和感がある。
東京都心の学校はほとんどが人工芝的な感じで、砂にまみれて毎日遊んでいた僕からすると窮屈に見えてしかたがない。

蟻の巣に水を入れたり(ごめんなさい)、黒刀石(この字であってたっけ?)を探したり、足や棒で地面に自分の陣地を書いてそれを取り合った陣取り合戦。

裸足で走ったりすると痛いのに週1位のペースで校庭を走る学校行事。
(嫌だったなぁ。)

アパートの近くにある小学校の前を通る度にちょっとだけ思う瞬間です。

でも子供はそんな事関係なく力いっぱい遊んでいる姿を見ると元気の出る瞬間でもあります。

正直何が言いたいのか分かりませんが、朝からジャージ姿で頭ボサボサで小学校を写メしていると周りの目線は尋常じゃないほどキツイです。

田舎の学校もこんなにガチガチに門は閉まっているのかな。

嫌な時代だな。
posted by ヒットマン林田 at 10:33 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62331893

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。